名前スタンプの意外な活用例をご紹介します

保育園や幼稚園、あるいは小学校の低学年の内など、子どもが幼い内に大勢の子どもが集まるような場所へ定期的に足を運ぶ場合には、他の子どもの物と混ざってしまわないようにする為にも持ち物への記名は必須です。しかし、一つ一つの道具に記名をしていく作業は意外と大変です。読みやすいように丁寧に書く必要があるので時間も要しますし、ペンを使用するので間違わないように気を付けなければなりません。 そのような場合に非常に重宝するのが「名前スタンプ」です。子どもの名前が彫られたスタンプの事を指しますが、近頃では可愛らしいデザインのものも多く、簡単に作業を終える事が出来る上に子どもが喜ぶこと間違いなしです。また、このスタンプの活用方法にも色々なものがあるようです。

どこで作る事が出来る?スタンプの購入方法とは

 道具への記名の作業を簡単にしてくれる上に、見ているだけで楽しくなるような可愛らしい名前スタンプですが、どのようにして購入をすれば良いのでしょうか。 最近ではインターネット上で購入をするケースが非常に多く、早いところでは最短で注文をした翌日には手元に届けてくれる店舗もあるようです。あるいは、文房具店や写真店などで製造が可能な店舗もあるので、実物を見てから購入を決めたいという方はそちらを利用する方が良いかもしれません。 また、同じデザインのスタンプで大きさを変えて作ってもらう方も増えています。文房具などの小さな道具には小さめのスタンプで十分ですが、バッグや巾着袋に使用をしたい場合には大きめのスタンプの方が分かりやすいので、併せて購入するのだとか。用途に合わせて大きさを選ぶようにすると非常に便利です。

こんなものにも!名前スタンプの活用法とは

 スタンプの活用法には、文房具などへの使用の他にも色々あります。例えば、お子様がまだ小さいのであれば、大きめのスタンプをおむつに使用する方もいらっしゃいます。子どもの名前のスタンプがおむつに押印されていると、他のお子様のものとの差別化も出来ますし、何の変哲もないおむつが可愛くなるのもメリットであると言えます。中には「おむつ用」のスタンプもあるので、そちらの方を検討するのも良いかもしれません。また、薄い透明のカバーが付いている名前シールなどにスタンプを押印した上で、お弁当箱やコップなどに使用する方法も人気があります。スタンプを直接プラスチックに押印する事は出来ないので、シールを媒体として使用すると良いでしょう。 このように、名前スタンプには沢山の使い方があります。見た目も可愛く機能性もある名前のスタンプ、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。